⇒AIS-FXが完全成功報酬制で自動売買ツールをリリース! FX口座をPRするアフィリエイトも募集中。登録無料

[テロメアコイン] 特許TAM818製品を割引価格で購入できるトークン

更新: 2020年11月16日

テロメアコイン

DTXY(テロメアコイン)は、ビル・アンドリュース博士が発見し、特許を取得したテロメラーゼ誘導活性化物質“TAM818”を使用した製品を普及するためのプロジェクトから生まれた仮想通貨です。
TAM製品は人間の身体の老化の原因となっているテロメアの短縮を止め、さらにテロメアを修復することを目標にしています。アンチエイジングの定義を細胞の老化を遅らせることから細胞を若返らせることに変えた革命的な製品です。
DTXYを使用するとTAM製品を割引価格で購入することが出来、また製品交換価値の最低保証があるため、製品の実需目的の人々にとってはリスクの無いトークンです。


最新情報

  • 2020.11.16
    ロックダウンによって停止していたニュージーランドの工場が再稼働し、DTXY Shopに“TAM Capsules Premium D”が入荷しました。現在は購入数量の制限が課されています。
  • 2020.10.20
    ニュージーランド(原産国)のロックダウンが解除され、生産工場の稼働体制も整い、TAM製品の製造が再開されました。
  • 2020.8.31
    ニュージーランドにおいて一旦ロックダウンが解除され生産ラインを戻す準備として従業員の再募集を行っていましたが、8月11日より再びロックダウンが実施されたため再び工場が停止し、TAM製品の製造・出荷が出来ない状況が長期化しています。
    ※ニュージーランドのコロナ状況はこのサイトが参考になります。
     https://clublog.club-t.com/_ct/17375331
  • 2020.3.31
    品切れとなっているTAM製品は、製造工場のあるニュージーランドで新型コロナウィルスの感染者急増を受けて国家非常事態が宣言され、工場の従業員が自宅待機となったため製造・出荷が出来ない状況とのことです。


DTXY Shopについて

テロメアコインショップ



“TAM818”は、生物学者で抗加齢医学研究の第一人者であるビル・アンドリュース博士が発見したテロメラーゼ誘導活性化物質(Telomerase Activating Molecule)のことです。
ヒトの細胞を若返らせることを目的とするTAMの製品群には、サプリメントとエイジングケア・クリームがあります。

代金の支払いにテロメアコイン(DTXY)を利用すると、専用のショップDTXY Shopで製品を3割引で購入することが出来ます。
テロメアコイン(DTXY)は価格変動のある仮想通貨ですが、コインの取引価格が暴落した場合でもDTXY ShopでTAM製品の購入に使用すると最低1枚5~7ドル(製品の種類による)の価値保証がされています。

テロメアコインを購入することの出来る取引所は、IDCM Taiwanです。
TAM製品をテロメアコインで購入するには、テロメアコイン専用ショップ(DTXY Shop)で会員登録が必要です。
DTXY SHOPでは、TAM製品のほか、NMNサプリメントやハラケケの高級石鹸などもテロメアコインで購入することが出来ます。


プロジェクトの内容

ディファイタイム・サイエンス(defytime Science)社は、人間の健康寿命を延ばすためのプロジェクト「テロメア・トータル・ソリューション」を事業展開しています。
その研究開発を担当している企業は、米国のバイオテクノロジー企業であるシエラ・サイエンス(Sierra Sciences)社です。
シエラ・サイエンス社は、スペインの元国立がん研究所が民営化された企業であるライフ・レングス(Life Lengt)社のグループに属しています。
「テロメア・トータル・ソリューション」には以下のような事業項目があります。

1.【TAT】Telomere Analysis Technology

個人のテロメアの長さを測定します。すでに日本のいくつかの医療機関において実施されています。
テロメア検査によって、「生物学的にはあなたは〇歳だが、テロメアの年齢で言うと〇歳です」「あなたのここの部位はテロメアが長いが、ここの部位のテロメアが短いので注意が必要です」といった内容を数値化することが出来ます。

2.【TSA】Telomere Support Advance

食品や器具、運動施設、活動などでテロメアにとって良いものを認証してマークを与えます。

3.【TAM】Telomerase Activating Molecule

テロメラーゼ誘導活性化物質を含む自社商品(サプリメント、クリームなど)の開発・提供を行います。
老化は治療が出来るというビル・アンドリュース博士のという考え方に立ち、アンチエイジングではなくエイジングケアという発想で商品開発を行っています。

4.【TLT】Telomere Lengthening Therapy

本格的な遺伝子治療を実施します。この施術により約30年分のテロメアの長さを修復することが出来ます。
現在はコロンビアとバヌアツ共和国で受けることが出来ます。2021年を目処に日本と中国に治療センターが開設される予定です。

5.【TAR】Telomere A. Intelligence Robot

医療データベースや人工知能ロボット端末などを含み、患者と医療従事者との相互作用を促進するための一連のサービスを実施します。
患者データには、患者の重要なデータセット、医療履歴、処方箋、治療履歴などの情報を含み、収集されたデータは、ブロックチェーン技術を使いクラウド上に保存されることになります。

テロメアコインのICOは、その資金調達によって施設の拡充やマーケットの拡大を図り商品価格やサービス利用料金をより安価にすることと同時に、最終的にはブロックチェーンを利用したテロメア経済圏を構築することを目標として実施されました。
例えばテロメアにとって良いことをするとアプリにテロメアコインが貯まり、そのコインでTAMを購入してより健康になる、あるいはコインを法定通貨に換えることが出来るといったような環境を作ります。


テロメラーゼ誘導活性化物質とは何か

テロメア短縮

テロメアとは、身体のDNAの収納庫である染色体の末端部分に位置し、染色体を保護する役目を持っています。
私たちは、受胎した時点から「成長」が始まります。そして、「老化」は子宮内で細胞が最初に分化しテロメアを修復する酵素であるテロメラーゼの発現が抑制された瞬間に始まります。「成長」と「老化」は同時に起きており、24歳頃で成長プロセスが終わることで老化の兆候が見え始めるのです。

細胞の老化は、テロメア短縮が原因です。理論上であればテロメアの長さはヘイフリック限界といわれる回数の分裂を繰り返すことが可能であり、ヒトは誰でも120歳までは生きることになっています。しかし、喫煙や運動不足、ストレスを溜めるなどのネガティブな生活習慣によって、テロメア短縮を加速させることがあります。
このような生活習慣を改善するだけでも老化の進行を遅らせることは可能です。
テロメアが新型コロナウイルス(COVID-19)問題の解決法であるという証拠も出てきています。

生活習慣の改善に加え、人間が体内にもともと持っているテロメラーゼという機能を活性化すればテロメア短縮を修復することが出来、老化の加速を食い止めることができます。
しかし、通常、人間の細胞にはテロメラーゼの働きを抑制してしまうリプレッサーが結合しているため、テロメアは短くなっていくと元に戻らない仕組みになっています。かといって、人工的につくったテロメラーゼを外から摂取しても良い効果は期待できません。
人間がもともと持っているテロメラーゼを阻害するリプレッサーが細胞に結合するのを防ぎ、また引き離すことで、人体内のあらゆる細胞のテロメラーゼ遺伝子をONにしてテロメラーゼを発現させる物質がテロメラーゼ誘導活性化物質『Telomerase Activating Molecule(=TAM)』なのです。

【動画】老化治療の研究 世界初!最先端テロメラーゼ誘導活性
【動画】ビル・アンドリュース博士が復活させた驚異の体力


将来性 -商品の実需で成長するテロメアコイン

TAM818

テロメラーゼ誘導活性化物質を含有したサプリメントは、2007年から「TA-65」という名称で販売され。これまでアマゾンショップなどで世界の富裕層を中心に年商500億円を売り上げてきたベストセラー商品です。
「TA-65」は2019年、福島県立医科大学による研究においてもその有効性が発表されました。[※参照]
テロメアコイン(DTXY)は、そのバージョンアップされた新製品「TAM818」の情報を世界に先駆けて超高齢化社会が進む日本から発信する目的で発行されました。
テロメアコインの最初のICOは商品の実需の人々に対して行われました。その後、日本を中心としたアジア地域で一般向けにクラウドセールが行われました。ICO価格は3~7ドルです。

ICO参加者のロックアップが解除された後、テロメアコインの取引価格は大幅にICO割れしました。価格が下落した原因は、世界の富裕層に認められているテロメラーゼ誘導活性化物質ですがアジアの一般の人々にはまだ十分に認知されておらずマーケットが広がっていないためです。(USDTペア、BTCペア、ETHペアで上場していますが、米国などの実需層からの売り圧力は無いためUSDTペアではほとんど取引されておらず、BTCペアでの取引が中心になっています。)
さらに、2019年末から発生した新型コロナの影響で生産工場のあるニュージーランドが長期間のロックダウンに入ったため、主力製品の供給が長期間中断しトークン価格が停滞しました。

しかし、テロメアコインの今後の期待は大です。
商品交換価値が今後も保証されるという前提で考えた場合、商品の購入のために使用されたトークンは価格が回復してくるまでは市場に放出されることはありえません。したがって、その間は市場に流通するトークンの数量が減ってくるということが価格上昇の根拠のひとつです。
また、今後は「TAM」の情報を世界へ発信していく段階となるため、商品の実需を目的とする人たちの買い増しや新規購入が予想されます。
さらに、今後計画されているテロメアトータルソリューションの中で、商品の割引購入特典のほかにテロメアコインの保有者のみが利用できるサービスがあり、長期的に見てプロジェクトが進むに従ってテロメアコインの価格は上がってくるものと思われます。


Wplus Walletについて

テロメアコインは、Wplus Walletという名称のウォレットの使用が推奨されています。「Google Play(Play ストア)」、または「App Store」にてアプリをインストー ルしてください。
Wplus Walletに旧テロメアコイン(TXY/Telomere Classic)を送ると、自動的に新テロメアコイン(DTXY)にスワップ(交換)されます。
また、Wplus WalletはDTXY SHOPにリンクしているので、テロメア関連商品を購入する場合に便利です。
Wplus Wallet の登録手順 -pdfファイル


関連サイト