三菱UFJ、独自デジタル通貨「coin」を本年度中に発行へ

三菱UFJフィナンシャル・グループは独自のデジタル通貨「coin(コイン)」を2020年度下期に発行する予定だ。
「coin」は、三菱UFJが実用化に向けて開発を進めてきたデジタル通貨で、当初、「MUFGコイン」の名で公表された当該デジタル通貨であったが、2018年10月に「coin」に改名。

まずは、金融サービス領域で共同で事業運営する合弁会社を設立したリクルートと事業展開を行い、「ホットペッパーグルメ」や「じゃらん」の加盟店舗にて、スマートフォン決済を始める予定。
利用者が「1コイン=1円」のレートで、消費の支払いや個人間送金に利用できるほか、円に換金して銀行口座へ入金する仕組みも整える。

出典:コインポスト
https://coinpost.jp/?p=167252