経済危機のレバノンで反政府暴動、ビットコインが法定通貨の代替手段に

レバノンの首都ベイルートなど複数の大都市で反政府デモが激化している。
イスラム教シーア派組織ヒズボラが拠点とする首都南部の地域など、めったにデモが起こらない地域でも抗議デモが展開された。

レバノンの法定通貨はここ数日で急落しており、昨年10月以来約70%下落。激怒している民衆は中央銀行に放火した。
この数カ月の間に食料品価格が急騰し、大量解雇や事業閉鎖も相次いでいる。
世界銀行はレバノンの2020年の貧困率はおよそ50%に達すると予想している。

これまでレバノンの中央銀行は資本逃避を防ぐために、ビットコイン購入を規制している。また、インターネットなどのインフレが不安定であるため、仮想通貨の普及が進んでいなかった。
しかし、一部のレバノン人は主にOTC市場を通してビットコインを取引し始めているという。
レバノン人は従来の金融システムの代替手段として仮想通貨に注目しているようだ。

出典:コインポスト
https://coinpost.jp/?p=157052