テレグラムの独自仮想通貨「Gram」の有価証券問題、紛糾続く

米証券取引委員会(SEC)は、人気メッセンジャーアプリ、テレグラムの独自仮想通貨「Gram」を違法に発行する「有価証券」とみなし、昨年10月に緊急停止命令を発令していた。
この訴訟に対して、米国の裁判官は、米商品先物取引委員会(CFTC)の法務部に意見を求めている。
テレグラム側は、ニューヨーク州南部地方裁判所からの証言や文書の提供命令を断り、「Gramが証券であることを証明するのはSECの方であるべき」と述べ対立を続けている。
SEC側は、Gramは投資家に将来の利益を期待させる証券として売却されたと主張。テレグラム側これに反論して、ビットコインやイーサリアムと同様それらはに単なる商品であり、TONブロックチェーンの独自トークンになると主張している。

出典:Coinpost
https://coinpost.jp/?p=132029

関連記事
テレグラムのGRAMトークンが先物上場