バイナンスが日本人ユーザー向け公式サイトの構築を準備中か

バイナンス

世界最大手の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、日本の法令に完全に準拠したサービスの提供のための改修を行うことを自社サイト内でアナウンスしました。

金融庁は、2018年に施行された改正資金決済法に基づき、バイナンスが日本で無許可で営業をしているという判断で、同年3月23日付で警告を出していました。
もし仮にバイナンスが警告を無視して営業を続ければ、金融庁は警察当局に改正資金決済法違反の疑いで告発するという話もありました。
そのため、バイナンスは日本語対応のページを削除し、日本人に対して積極的な営業は行わないがアカウント登録や利用を妨げないというスタンスで運営してきました。

このたびのアナウンスにより、これから日本の規制に基づいたバイナンス公式サイトまたはページが構築されることが予想されます。
今後、切り替えの途中で日本居住者に対して一時利用制限が行われる予定なので、すでにアカウントを持っている方は注意が必要です。

バイナンスはEU圏でも同様の問題を抱えており、これから急ピッチで対応を進めるものと思われます。

バイナンスによる告知ページ
https://binance.zendesk.com/hc/ja/articles/360038835091...