Gramトークン発行延期のテレグラム、新たに2つのプロダクトを発表

SNSアプリ「テレグラム」の独自ブロックチェーンネットワーク「TON(Telegram Open Network)」のローンチは今年の10月31日を予定していたが、Gramトークンの有価証券問題による米SECによる「緊急停止命令」を受けた。
そのため。投資家に対して、Gramの配布およびTONネットワークのローンチを2020年4月30日まで延期することを発表していた。

しかし、開発の手が緩められる様子は見られない。
「TON」を開発するTON Labsは今日、新たに2つのプロダクトを発表した。
一つ目は「TON Labs Cloud」で、TONのテストネットへスマートコントラクトの統合を行うというもの。
二つ目はSolidityコンパイラーで、イーサリアム用に記述されたコードをTON上でも機能するように変換を行うシステムだ。

出典:Coinpost
https://coinpost.jp/?p=119967