CMEの先物期日直前のBTC下落に価格操作の疑い

アーケイン・リサーチのレポートによると、米シカゴ先物市場(CME)のビットコイン先物が期日を迎える直前に、かなりの確率でビットコイン価格が下落している。
2018年1月から2019年8月までのCMEのビットコイン先物の期日直前のビットコイン価格の動向を調査。20回のうち15回で下落が確認されたという。
ビットコイン価格の調子が良かった月の方がCME期日直前の下落幅が大きくなる傾向があるそうだ。機関投資家による価格操作の疑いもあるという。

例えば、ウォール街の機関投資家はビットコイン現物を買う(ロングする)一方、ビットコイン先物契約を売って(ショートして)おく。
先物期日が迫れば、ビットコインの現物を売ってスポット市場でのビットコイン価格を下げることによって、ビットコイン先物のショートポジションでリターンを得る。

出典:Cointelegraph
https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-price-manipulated-before-futures-settlement-dates-research