マラッカの一部地域「現金利用禁止の仮想通貨決済都市」へ

マレーシアの港湾都市マラッカで、現金利用を禁止し、仮想通貨決済のみを受け入れる計画が進んでいる。教育やビジネスの目的だけでなく、マレーシア国内において最大の観光都市を築くことを目標としている。

日本国内においては、新たな経済圏の創出や電子行政の推進を目的に、石川県加賀市がブロックチェーン都市の建設を試みている。

出典:COINPOST
https://coinpost.jp/?p=82247