AIS-X仮想通貨取引所の登録方法、KYC、使い方などを解説

更新: 2019年10月1日

AIS

AIS-X(AIS-X exchange)は2019年9月30日にオープンしました。モンゴルを拠点とした取引所で、開発・運営には日本人も関わっています。
オープンと同時にBTCペアで6種類の通貨が上場しましたが、今後、法定通貨ペアもローンチされます。FX取引の準備も進められています。
近日中に取引所トークンであるAISが上場します。AISを保有すると手数料の割り引きを受けることが出来るほか、3つの事業からトリプル利益配当を受ける権利を有します。
さらに、年内には世界初、人工知能(AI)を搭載する予定です。
ここでは、AIS-Xのユーザー登録、KYCの承認申請、アカウント画面や取引画面の見方、手数料などについて解説いたします。

AIS-X取引所(公式サイト)

目次

ユーザー登録(アカウント登録)について

ユーザー登録

登録ページは、AIS-X取引所の公式サイトの「Register」と表記されているリンクから入ります。
画像のページが出たら、メールアドレスとパスワードを入力し、“I agree to the terms“(利用規約に同意します)にチェックを入れてください。
※AISのトークンセールに参加しMyページを持っている方は、必ず同じメールアドレスで登録してください。

最後に、一番下の“Register“と書かれたボタンを押すと、登録したアドレスに確認のメールが届きます。
そのメール内に記載されているURLをクリックして承認してください。
これでユーザー登録が完了となります。
ユーザー登録が完了したら、引き続きログインをしてAccountページに入り、2段階認証とKYCを実施されることをお勧めします。

AIS-Xのユーザー登録の仕方については、以下PDFファイルに更に詳しくまとめられています。
AIS-Xアカウント登録方法-pdf

※端末を変更した場合、またはIPアドレスが変更された場合にログインをしようとすると、セキュリティチェックのメールが届きます。その場合は、届いたメールで再承認をした後にログインをし直してください。


Account(アカウント)ページについて

※こちらはPC画面です。
AISアカウントページ

Accountページで2段階認証、パスワード変更、通知設定などが出来ます。
PCの場合は右上の人型の丸いアイコンをクリックし、スマホの場合は三本線をタップすると“Account“の文字があるのでそこからこのページに入ります。

2段階認証の登録とKYCの認証手続きは早めに行っておいてください。
ユーザー登録だけの状態では、1日あたり2BTCまで(Lv1)しか出金出来ません。
2段階認証の登録が終了すると1日あたり30BTCまで(Lv2)、さらにKYC認証が終了すると1日あたり300BTCまで(Lv3)の出金が可能になります。


KYCについて

韓国では、マネーロンダリング対策やセキュリティ対策が万全ではない取引所が、銀行の信用を失い、次々と閉鎖に追い込まれています。このような流れは今後ほかの国にも飛び火してくるでしょう。
 ※参考: 韓国の暗号資産取引所の9割以上が経営破綻の可能性が!?-≪海外ニュース ≫ | コインオタク     
AIS-Xはクオリティの高い取引所を目指しており、KYCにはKYC-Chainのシステムを採用しています。

KYC

KYC

KYC

ユーザー登録が完了したら、AIS-X取引所の公式サイトのAccountページに入ってください。

① Accountページの“Sign-up to start KYC Process”と書いてあるリンクをクリックすると「画像A」の英文が出るので、その文中“ here”をクリックしてください。KYCページに入ります。

② 次に「画像B」が出たら、“Sign Up”をクリックしてください。
※ここでは “SIGN IN”ではありません。

③次に「画像C」が出たら、メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れてから“Sign Up”をクリックしてください。
※AISのトークンセールに参加しMyページを持っている方は、必ず同じメールアドレスで登録してください。

③今登録したメールアドレスに招待メールが届きます。
メール中のリンクをクリックすると再び「画像B」が出るので、メールアドレスとパスワードを入力し、“Sign IN”をクリックします。

④次に利用規約が表示されます。スクロールをして一番下まで下げてから「受け入れる」をクリックしてください。

⑤次の画面で名前と苗字を記入するフォームが出てきます。すべてローマ字で入力します。ミドルネームは空欄で結構です。

⑥次の画面でパスポートの画像、身分証明書付きの写真(セルフィ― : パスポートを手に持ったあなたの上半身の写真)の画像をアップします。
※このKYCでは英文で本人確認ができる証明書1点の画像の提出が必要です。日本ではパスポートのみになります。
他に住所証明が求められた場合は、電気料金のお知らせなど日本語で住所の記載があるものの画像をアップしてください。

⑦次の画面で生年月日、住所、携帯電話の番号を入力します。
住所は必ずローマ字で入力してください。
※日本語の住所を英語に変換するにはこのサイトが便利です。
 JuDress 住所→Address変換



AIS-XにおけるKYCの流れについては、以下PDFファイルに更に詳しくまとめられています。
KYC登録の流れ-pdf

AIS-Xのアカウント登録、KYC、ログイン等についての質疑応答集がこちらにあります。

取引画面について

※こちらはPC画面から見たチャートです。
AIS-X取引画面

各項目の解説

  • Limit
    Limitとは、指値注文のことです。
    買い、または売りの値段を指定する注文。
    買いの場合は上限値(○ドル以下なら買い)、売りの場合は下限値(○ドル以上なら売り)を指定します。
  • Market
    Marketとは、成行注文のことです。
    値段を指定せずに、買いまたは売りをすぐに執行したい場合に行います。
  • Stop Limit
    ストップリミット(ストップ指値)とは、指定された執行価格(トリガー価格)に達すると、その価格で売買する注文です。
    例えば、BTCを7000ドルで買って、もし6900ドルに下がってしまったら6900ドルで売却し、それ未満では売りたくない場合、ストップリミット注文でStop:6900、Limit:6900と指定します。
    Limit(指値)で指定した価格よりも不利な価格で約定することはありませんが、値動きの状況によっては約定しないケースもあります。
  • Stop Market
    ストップマーケット(ストップ成行)とは、指定された執行価格(トリガー価格)に達すると、成行(市場価格)で売買する注文です。
    例えば、BTCを7000ドルで買って、もし6900ドルに下がってしまったら「成行」で売却したい場合、ストップマーケット注文でStop:6900と指定します。この場合は値動きの状況によって6900ドル未満で約定することがあります。

入金・出金方法

入金と出金をするためのページは、PCの場合は右上の人型の丸いアイコンをクリックし、スマホの場合は三本線をタップすると「Funds」の文字があるのでそこから入ることが出来ます。
「Deposits」と書いてあるところが入金、「Withdrawals」と書いてあるところが出金です。


手数料について

取引手数料

取引手数料はAISトークンの保有量によって決定されます。
1AIS未満 Maker: 0.15% Taker: 0.2% 
50,001AIS未満(Silver)   Maker:0.1425%  Taker:0.19%
500,001AIS未満 (Gold)  Maker:0.135%   Taker:0.18%
2,000,001AIS未満 (Platinum) Maker:0.1275%  Taker:0.17%
2,000,001AIS以上(Black) Maker:0.12%   Taker:0.16%

出金手数料

BTC: 0.001 BTC
BCH: 0.001 BCH
ETH: 0.01 ETH
XRP: 0.25 XRP
XLM: 0.1 XLM
EOS: 0.1 EOS
TOMO: 0.1 TOMO


AIS-Xの特徴

モンゴルの有力銀行NI Bankとリアル提携

AIS-Xはモンゴルで民間ナンバーワンの銀行であるNI Bank(National Investment Bank of Mongolia)と提携しています。
AIS-X取引所にユーザー登録をし、NI Bankに口座を開設するとデビットカードの発行を受けることが出来ます。
カードを利用することにより、世界中の銀行のATMから仮想通貨を法定通貨に交換して出金することが出来るようになります。日本国内ではセブン銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の4行で使用出来ます。
また、AIS-XのサーバーはNI Bankの内部に配置されるため、銀行並みのセキュリティが実現します。

数百種類のコインの取扱いを計画中

AIS-Xのオープン時の取扱い通貨はAISとTUSD・BTC・ETHなどの主要通貨ですが、近い将来には数百種類の取扱いが予定されています。新規に上場するコインの銘柄については、AISトークンを保有するユーザーによる投票によって決められます。

AIコンシェルジュを導入

AIS-Xは人工知能搭載の取引所となります。AIが個々のユーザーの行動特性分析を行い、AIコンシェルジュが提供されます。
AIコンシェルジュは直近24時間の市況を教えてくれるほか、ユーザーの特性に合った投資アドバイスを提供します。

SelfKeyによるワンクリックログインシステム

SelfKey は、個人情報の所有権を個人に戻すことにより、個人情報が流出することを防止するKYCシステムです。
KYCの承認を済ませたユーザーは、AIS-XのログインページにSelfKeyボタンが表示されます。ユーザーはクリックするだけで取引所にアクセスできるようになります。

AISトークンの発行とトリプル利益配当

AIS-Xは独自トークン「AIS」を発行します。
AISトークン保有すると取引手数料や送金手数料の割引を受けることが出来るほか、保有数に応じてAISプロジェクトの3つの事業(取引所、仮想通貨マイニング、地下資源採掘)から利益配当を受ける権利が発生します。
AISはIEOを行った世界大手取引所・Bitforexに上場しましたが、今後他の取引所での上場も検討されています。

AISプロジェクトは銀行、証券会社、ノンバンクと提携。仮想通貨取引所「AIS-X」を拠点とする総合金融サービス事業を展開します。
AISプロジェクトの更に詳しい解説はこちらのページをご参照ください。


AIS-Xの日本語コミュニティー


AISX仮想通貨取引所の概要