中国政府の代表者が、デジタル通貨やリブラの可能性を肯定する発言

上海で実施された大規模ブロックチェーン会議に登壇した中国政府の代表者は、仮想通貨全般、さらにFacebookのリブラに対しても寛容な発言を行った。
このイベントは中国政府が認可する唯一のブロックチェーン会議である。

政府代表の一人、Li Lihui氏は、「デジタル資産はデジタル金融の中核であり、デジタル化によって、資産はより多方面で使用できるようになる」と発言。
さらには、「リブラが規制当局から承認されれば、それはデジタル通貨を発行する信頼のおける機関となる。」と語り、と講演の中で語り、中国政府は経済基盤を開放して、デジタル化された社会を構築していくことに前向きであると示唆したかたちである。

同ブロックチェーン会議では、政府関係者も参加する中で、大々的にOTC取引を開始する旨をバイナンスのCEO CZ氏が発表しており、中国国内の仮想通貨への温度感が変化しているのではないかと、推測されている。

出典:coinpost
https://coinpost.jp/?p=108367