バイナンスが人民元建てのOTC取引サービスを一ヶ月以内に開始する。

バイナンスの共同創設者He Yi氏は、人民元建てのOTC取引サービスを「一ヶ月以内に開始」すると発表した。

2017年のバブル相場は、9割の資金が中国人投資家の人民元によるものと見られた。
しかし、中国政府が国内における仮想通貨取引、ICOなどの仮想通貨関連活動を全面的に禁止したため、バイナンスなど3大取引所は中国市場から撤退した。
それでも、VPNを利用する投資家は依然としてテザーの取引ペアで取引をしている。なお、OTC取引も同様に水面下で行われている。

本来、中国政府はカンファレンスなどパブリックの場で仮想通貨取引に関わる宣伝活動を行うことを禁止しているにも関わらず今回、バイナンスの役員が上海で取引業務に関して発表したことで、
おそらくバイナンスが中国当局と繋がりがあるのではないかと業界は推測している。

出典:COINPOST
https://coinpost.jp/?p=108033