出稼ぎ労働者大国フィリピンの銀行が独自のステーブルコインを発行

フィリピンの銀行UnionBankが、独自のステーブルコイン(PHX)を発行したことが、地元メディアの報道で明らかになった。
今後PHXは、互換性の高さを活かし、様々なプラットフォームやウォレットをまたいで、フィリピンだけでなく国際的に普及させることを目標にしている。
フィリピンは、海外へ就労に出ている人口が約1000万人に上り、世界的に見ても国際送金が最も活発な国だ。

出典:COINPOST
https://coinpost.jp/?p=99085