イラン、米国からの経済制裁の影響で仮想通貨を正式な産業に認定

米国からの経済制裁を受け不景気に悩まされるイランにおいて、ビットコインの需要は高まっている。
イラン商工鉱業農業会議所(ICCIMA)の情報によれば、現在のイラン国内においてマイニングファーム運営の国内法適用を急ぐ中、イラン政府の経済委員会が「仮想通貨に係るマイニングのメカニズム」の承認を正式に行ったとのことだ。
また、仮想通貨取引を含む事業も正式な産業としてみているとした。

出典:COINPOST
https://coinpost.jp/?p=97382