バイナンス、証拠金取引と分散型取引所で「日本」をアクセス禁止へ

世界最大手のバイナンスは新たに、(レバレッジ)証拠金取引と分散型取引所(DEX)における利用制限対象国に「日本」を加えた。バイナンスは昨年3月、改正資金決済法に基づく金融庁の意向を受け、日本市場から撤退している。

Binanceは2018年3月、改正資金決済法に基づく金融庁の意向を受け、日本市場から撤退。日本語のUIも取り外されたが、Binanceへのアクセスや取引サービスなどは依然として利用可能だ。しかし、今後は日本居住者からのIPアドレスがブロックされる可能性がある。

Binanceは、日本の仮想通貨交換業に登録しておらず、国内取引所が金融庁認定の自主規制団体(JVCEA)によるレバレッジ倍率の引き下げ方針を踏まえて最大4倍にしている背景もあるため、日本市場を事業方針から外すに至ったとされる。

出典:COINPOST
https://coinpost.jp/?p=87872&from=new_top