仮想通貨関連法案が衆議院を通過

仮想通貨交換業者に対する規制強化などを盛り込んだ金融商品取引法と資金決済法の改正案が21日に衆議院本会議で可決し参院に送付された。
改正案では、仮想通貨の呼称を「暗号資産」に変更すること、仮想通貨の証拠金取引をFXと同じように金融商品取引法上の規制対象とすること、取引所がホットウォレット(オンライン)で保管する仮想通貨に関して「見合いの弁済原資(同種・同量の暗号資産)」保持することを義務付けることなどがあげられる。

出典:Cointelegraph
https://jp.cointelegraph.com/news/the-japanese-house-of-representatives-passed-financial-instruments-and-payment-services-laws