テザー社不正利用疑惑で米NY州司法長官が裁判所命令を発令

仮想通貨テザーの裏付け資産を発行するTether社が、同じ親会社のiFinexに対し無断で8億5000万ドル(950億円相当)を貸出(不正利用)した疑惑が問題視され、ニューヨーク州の司法長官から裁判所命令を発令されていたことが判明した。

James司法長官の発表によると、テザー社やBitfinexの調査を行なった結果、950億円相当にのぼる損失を隠すためにステーブルコインUSDTの担保金から資金を不正利用していた。顧客資産と企業資金を混在させて疑惑が持たれている。

出典:COINPOST
https://coinpost.jp/?p=82807