国内地銀4行、ブロックチェーン活用で新金融サービスの運用開始

3月1日、岩手銀行はブロックチェーン活用の新金融サービスの運用開始をプレスリリースで公表した。
同サービスは、地銀4行(岩手銀行、青森銀行、秋田銀行、山梨中央銀行)で共同開発、4銀行が出資する新会社「株式会社フィッティング・ハブ」によって運営される。

サービス利用企業は、一つのID、パスワードで複数の金融機関のサービスを利用できるようになる。効果としては、データの一括管理や、紙やフロッピーディスクによる事務の電子化が可能となり大幅な経費削減が見込まれるという。

出典:COINPOST
https://coinpost.jp/?p=72242