イーサリアム、リエントランシー攻撃への脆弱性発覚で大型アップデートが延期 

日本時間17日午後1時頃に予定されていたイーサリアムの大型アップデート、コンスタンティノープルにおけるリエントリー攻撃への脆弱性が監査機関ChainSecurity社の指摘で発覚した。これを受け、イーサリアム財団はアップデートの延期を発表した。
なお、これらの脆弱性は、まだアップデートが行われていない現時点において未だ適用されていないため、問題かする心配はない。

出展:COINPOST
https://coinpost.jp/?p=64719&from=in_line