「Dx.Exchange」ナスダックの上場株が売買出来る仮想通貨取引所

DXexchange

Dx.Exchange(Dxエクスチェンジ)は2019年1月7日にエストニアにオープンした仮想通貨取引所で、世界で初めてナスダックのマッチングエンジン技術を利用していることで注目されています。
取引には、日本円(JPY)を含めた4種類の法定通貨を使用することが出来ます。
さらに注目されている点は、ナスダックに上場しているアマゾン、アップル、フェイスブック、グーグル(アルファベット)、インテル、マイクロソフトなどの株式がトークン化されてDx.Exchangeで売買出来ることです。
トップページや取引画面などサイト全体のデザインが斬新であることも話題になっています。


Dx.Exchangeが発行する取引所トークン 「DXcash」

Dx.Exchangeの手数料は一般的な仮想通貨取引所とは違い、「メンバーシップ料」として月額で定額料金制になっています。
DXcash(Dxダッシュ)という取引所トークンが発行されており、月額手数料は通常は20ドルですがDXcashで支払うと半額の10ドルになります。多くの投資家にとってこの金額は非常に安いと感じるでしょう。
また、月合計10万ドル以上を取引した場合にかかる取引手数料もDXcashで支払うと安くなります。

利用可能な法定通貨

・米ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・日本円(JPY)
・ポンド(GBP)

取引できる仮想通貨

・ ビットコイン(Bitcoin/BTC)
・ イーサリアム(Ethereum/ETH)
・ ライトコイン(Litecoin/LTC)
・ リップル(Ripple/XRP)
・ ダッシュ(Dash/DASH)
・ テザー(Tether/USDT)
・ ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
・ カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
・エニグマ(Enigma/ENG)
・オミセゴー(OmiseGO/OMG)
・デジバイト(Digibyte/DGB)
・シェアトークン(ShareToken/SHR)
・DXcash(DXCASH)

トークン型株式が売買出来るデジタル・ストック

デジタル・ストックとは、CySECの許認可を受けたMPS(マーケット・プレイス・セキュリティ)との提携により、イーサリアムのスマートコントラクトを通じて機能し、ブロックチェーン技術と従来の株式投資を組み合わせた双方の長所を兼ね備えたものです。
これにより、投資家は、従来の証券取引所に上場されている企業のトークン化された株を売買することが出来、配当金も受け取る事も可能になります。
DX.Exchangeではナスダックに上場しているアマゾン、バイドゥ、アップル、フェイスブック、グーグル(アルファベット)、インテル、マイクロソフト、ネットフリックス、エヌヴィディアなどのトークン型株式を売買することが出来ます。

公式サイト(日本語)

DX.exchange

Dx.Exchange 日本語版公式サイトはこちら

>>Dx.Exchange取引所の口座開設手順についてはこちらのページをご参照ください。



大型ICO情報